怪しいウェイパァーw。

その存在はレシピ本で知ってはいた。
時々、スーパーで見かけるものの、1Kgまたは500gの巨大とも思える赤い缶(業者じゃないんだから、こんなにあったら、一生使え切れんかも)と、それに、なんだかヘタウマ的な社長?のイラストを見て、「なんだかあやしいなぁ」といつも手にとっては、棚に戻してた...。
中部以東ではあまり知られていないのでは?

先日、TV番組(秘密のケンミンショーだったかな?)で、ウェイパーは大阪ではどこの家庭でも常備してあると。大阪スタンダードであると。
通行人にインタビューすると、大阪人の誰もが絶賛していた。
何に使っても「んまいねん!」(オオサカイントネーションで)そうで、その用途たるや、ラーメン、中華スープ、チャーハン、野菜炒め、ワンタン、酢豚・・・・。
ん~怪しすぎ。
貧乏学生にいたっては、白飯にスプーン1杯のせて、これまた美味しいと。
ますます怪しいw。
なに、結局皆同じ味付けってこと?

ま、ともかく。
250g缶ってのがあるらしいと。
それだったら、ものは試しってことでいいカナと思い、ネットで探してみたが、結構高い。送料含めれば、700円程。
とりあえず保留ということにした。
ところが、同日スーパーに行って何気に買い物していたら、棚に、なんだ250g缶あるじゃん。
d0068664_22425594.jpg

それじゃ、ということで、買ってみた。

中身はこんな感じ。
d0068664_22483232.jpg
ちょっとざらっとしたペースト。
味見してみると、ん~ラーメンスープ味かな。

今日、早速、野菜炒めの調味に使ってみた。
ん~、なかなか美味しい。
家庭でこの味を、他の調味料を使って出すのは難しいかもしれない。

ちなみに、ウェイユーというのもあるが、これはまったくの別物らしい。
by tin_box | 2008-12-11 22:53 | ブリキ的生活 | Comments(4)
Commented by jmiin at 2008-12-12 05:56
神戸はこのトラック兼営業車が走ってますよ!
Commented by starblog at 2008-12-12 22:33
このご時世、実に怪しすぎます。
なに食べても同じ味の中華料理屋がありましたが、
こういうの使っていたんでしょうね。
謎が解けました。
Commented by tin_box at 2008-12-12 22:52
jmiinさん、そうですか。さすがこう~べぇ~♪。
Commented by tin_box at 2008-12-12 22:59
starblogさん、私は手始めに野菜炒めを作ってみましたが、最後の味見でしょうゆを足して調整しました。
なに食べても・・・、そう、これはベースに使うのが正しいのでしょう。
<< 木と鉄。 E-30の存在意味 >>