マイクロフォーサーズ、さっそく沸騰

今朝になって某掲示板を覗いてみると、マイクロ~関係だけで1日で150件以上書込みがあった。
とても全部読む気にならないが、ざっとスクロールしたところでは、大多数の歓迎意見だけでなく、2つのマウントを平行して開発リソースは大丈夫なのか、本来のフォーサーズは消えてしまうのかというような意見も散見された。

掲示板を見ていて疲れてしまうのは、根拠のない書き込み(つまりは嘘)や、議論のすり替え、個人的な感情のやり取り、ひがみ、ねたみ、嫉みの類、長ったらしい知識のひけらかし、既出の質問・・・。
まじめに読むのも時間の無駄だ。

それはともかく、「マイクロフォーサーズ規格が出されたからフォーサーズが無くなる」って、どうしてそういう結論になるのか。
その前提に「1つのメーカーが2マウントを同時に持った例はない」ときた。
だからどうした。
それを言いたいのなら、どうして無理なのか、説明すべき。
コンデジと一眼を同時に作っちゃいけないのとか。

まあ、他にもたくさん老婆心的なw、まだなにも製品が発表されてないうちからいろいろ心配性な人々も多いようで。

私的には、「時代はフルサイズ!(135判だけどね)」への強烈なカウンターパンチだと思っている。
思いっきり逆方向へ引っ張っていって欲しい。
by tin_box | 2008-08-06 21:50 | カメラ物欲系 | Comments(0)
<< なすとじゃこの炒めもの 5匹の狐。 >>