初夏の花2。

d0068664_2205674.jpg
カメラ機材の性能を追求することも写真人の大きな楽しみのひとつではある。
それとともに、撮影が楽しいことも大事なこと。
どんなに世間の評判がよくても、自分にしっくりこない機というものも実際ある。
そこはやっぱり自分の感覚を信じるべきだと思う。
撮っていて楽しく、上がりがよければ最高のパートナーとなるだろう。

今のデジタルは、そういった素朴な意味で、フィルムカメラで10歩進んでいたものが2,3歩、いやもっとかな。
一回、さがってしまって、また歩みだしたように思える。
だから、そこからの方向性はとても重要になるはず。
私の言いたいこと、わかりますか?

其れは兎も角。
Kowa Sixは上がり自体はもう少し試行錯誤が必要と思われますが、その明るいファインダーと柔らかい操作で、撮影を楽しめるのです。
by tin_box | 2008-07-09 22:12 | 花木、虫類学者 | Comments(2)
Commented by soave at 2008-07-10 23:16 x
某所のよりよく見えるんですけど~(^-^;

中判で花はいいですねえ。
Commented by tin_Box at 2008-07-11 08:32
soaveさん、あそこはアップすると画質落ちるんですよ。
サイズによってはピンボケみたくなることも。
<< 初夏の花3 初夏の花。 >>