肩越しの夏

d0068664_2144590.jpg
昨日の記事でふと思ったのだが...。
デジタル全盛の今、フィルムカメラを使っている人たちはどのくらいだろう。
現在、使用している人でもデジタル移行まで、寸前、秒読みの人も多いだろう。

PC(Macの人はPCって言わないんだよね)を持たない人、もっぱら「写るんです」愛用の人々、たまにしか撮らない人は、家に昔からあるバカチョンで事足りているだろうし。

ブローニー人口はさらに少ないだろう。
中判使うっていうことは、写真が趣味(それもかなりコア)な人、に限られているだろうし。

私がいつも出しているカメラ屋でも、最初のころはブローニーフィルムを出すと、若い店員はフィルムの種類がすぐには分からず、先輩店員に聞いたり、私が指示したりw、さらには納期やらを調べるのに手間取ったりしてた。
私があまり頻繁に出すせいもあってか、今ではすんなりいくようになったが。

デジタルは激烈な競争の中にある。
そういった中で贔屓のメーカーの動向やら、ライバルメーカーの製品をチェックしたり、掲示板を覗けばユーザー同士がけんかにもなっていたり。
まあ、いろんな技術には興味があるし、面白い部分も多いのだが、なんとか信者やら、マナーを知らないバカどもがなんと多いことか。
そういった魑魅魍魎世界にわざわざ向かう趣味もないから、適当に観てるだけだが。

ともかく、フィルムカメラで撮っているぶんには、そんな烈風からは離れて、馬耳東風で居られる。

Mmiya645+SEKOR 70mm F2.8 C fortia SP
by tin_box | 2007-08-10 21:47 | 花木、虫類学者 | Comments(0)
<< ディスカバー 清水銀座。 蒸された夏。 >>