映画:「本能寺ホテル」

d0068664_20562262.jpg
例によって、空気の読めない綾瀬はるかがドタバタと走り回って、「へっなに?」っていうコメディ・・・になるのかな。
名作でもなんでもないのだが、観てる間、ずっとなんか切ないような気分がしてた。
そのわけは今でも解らない。
観客の年齢層も高かった。出てきて少し聞いた会話からすると、皆満足してたようだった。
なんだろう、不思議だ。

帰ってきて、風呂に入りながら思ったが、この作品は「真っ直ぐ」がテーマかなと。
どこかしこも、誰も彼も真っ直ぐ。

by tin_box | 2017-01-14 21:06 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 岳南鉄道 その1 吉原駅 パイナップルの豚肉巻き >>