映画:「ミュージアム」

d0068664_21435892.jpg
少しネタバレに近いのかもしれないけど、自分がこの作品を観て思い出したのはクリーピーだった。
悪戦苦闘する主人公と犯人、巻き込まれる家族。
恐怖と家族愛というのは、よくある組み合わせなのだろうか。
しかし、この映画もなかなかどきどきした。
映画を観ながら心臓の鼓動の変化を感じたのは久しぶりだ。
最悪のラストを期待したのか?自分は。
それともそうでない事を望んでいたか。
いやいや、それさえもまだ先があった。

妻夫木君は、ちょっとなかなか本人の顔が見えにくかったね。
でも演技は素晴らしかった。怖いわw。


by tin_box | 2016-11-13 22:37 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 駐車場のノラっち 少し前の家入レオライブ(焼津) >>