エッシャーの世界 静岡市美術館

d0068664_20381453.jpg

d0068664_20381960.jpg

d0068664_20382397.jpg

今回は、幾何学画、不思議画の他に、イタリア在住時代の風景画や、師であるサミュエル・メスキータの作品も展示されておりそのルーツと作風の変遷も垣間見ることができた。
風景画では、超近接で昆虫が描かれている路傍の草むらから、山岳地の村の風景、遠景の山々まで描かれたものが素晴らしく印象的だった。
モノクロの版画の世界の切れ味は素晴らしい。
by tin_box | 2016-07-23 22:07 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 映画:「鑑定士と顔のない依頼人」 三越 朝 >>