フジファブリック LIVE TOUR 2016 "三日月ADVENTURE" 浜松 窓枠

ライブハウスというと、繁華街の裏通りのちょっとゴミゴミした地下階段降りたところって言う勝手な印象があったが、浜松市の窓枠はなんだか大通りに面した普通のビルの1階であった。

入場を待っている間、客を観察した。
もちろんほとんどが若い人(それも女子が多い)だが、なんだか何かのボランティアの説明会でもあるのかと思うほど、地味めな雰囲気が漂っていた。自分みたいに、ジャラジャラ(あ、シルバーアクセとかね)付けてる奴なんか一人も居ないのよ。
皆、田舎の大学1年生って感じで。
2回ほど、角を曲がって10~20人の集団で観客が現れたときは、ぎょっとした。
なんで集団??駅の方向とも違うし。ファンクラブかなんかでまとまってきた?

フジファブリックのライブを観るのは、METROCK2014、Perfume三人祭り、ZepTokyoと今回で4回目になるが、ホントおとなしいなという印象だった。

コンパクトな会場に目いっぱい詰まった状態でライブは始まった。
フジファブリックのメンバーもこういったライブハウスが大好きなようで、すごくアットホームな感じでノリノリ。
ギターの山内君が、ギターインプロビゼーションを披露してくれたが、それがなかなかよかった。
若い観客は、そういったのに余り慣れてないらしく、曲が終わった時には、ぽかんとした様子だった。
今時はああいうのは受けないんかねー。
しかし新曲をチェックしておくのを忘れたのがちょっと失敗だった。

観客の中には、思いっきしはじけてるのがいて(目の前にw)、少々気後れしたよ。
その後、後ろでなんかやたらとざわざわしてると思ったら、それも思いっきりはじけた人で、後半になったら、前方に突進していった。
もうね、コワイっす!
なんか普段抑圧されてるんじゃないのかと、心配になりました。
by tin_box | 2016-06-19 22:45 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< Perfume COSMIC ... MISFIT RAY >>