映画「極道大戦争」

d0068664_22192457.jpg

今、日本で一番坊主頭が似合うのは市原隼人だな。
てか、日本映画大丈夫か?
いい意味でw。
もうとんでもなく吹っ切れてるというか、最近の邦画はどれもみんな昔の映画の常識をぶち破ってる。
ハリウッド(SF、SFXでさえ)がもうコンサバだなぁとあくびが出てしまうくらい、邦画の方がぶっ飛んでる。

それにふり幅がとんでもない。
先週見た「海街~Diary」みたく情緒豊かなものから、CG駆使した寄生獣、アニメを一部効果的使った「渇き」なんか、もう実写、CG、アニメを混ぜこぜにしてる。

この映画も、最初まじめに観てると、途中で笑ってしまうのだが、かっこいいんだな。

成海璃子は、「瑠璃の島」出てた頃から注目してた。
きっと大物女優さんになると思ってたが、ちょっと作品に恵まれてないかな。
今作品でも少し出番が少ないし。
表情がドラマチックだし、いい作品にはまれば、もっと注目されると思うんだが。

リリー・フランキーのでてる映画、立て続けに3本になったわけだ。
どの作品でも、力の抜けた中年親父役がいい感じなんだけど、この作品では、それ+刃傷沙汰アクションもやってる。
いや、ちょっと見直したこの人w。
by tin_box | 2015-06-21 22:42 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< スカイツリー350m スカイツリーのエレベーターは凄い >>