映画:「脳内ポイズンベリー」観てきた

d0068664_2135312.jpg

原作少女マンガ(読んでませんが)を、現代のCG混成の映画にすると、漫画の独特なニュアンスをここまで表現できるのかと感心してしまいます。

何でこの映画を見に行ったのかといえば、数年前からこれと少々関係してるようなテーマをずっと勉強し続けてるからです。
ここのブログでは紹介してませんが、意識、潜在意識、無意識と本当の心の部分の関係についてです。
ちょっとだけそのことについて書きますと
理性ってのは、自分だけじゃ判断できないんですね。
心の奥にあるような感情というか衝動というかその何かが必要です。
でも記憶は、自分の経験だけじゃなく、周囲の様々な常識を持っていて、理性に余計な入れ知恵したりする。
それにあらぬ妄想をする部分(ネガティブやポジティブ)もあり、感情は無駄に?揺さぶられる。

というわけで大変面白く観ました。
7月?には、ディズニーでインサイド・ヘッドも封切られるようですが、これはどうなんでしょう。
子供向けかな?

それにしても真木今日子じゃなかった、真木よう子さんはかわいいですね。
by tin_box | 2015-05-09 23:00 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 昨日の衝動買い本「僕の隣で勝手... 行人坂 >>