OLYMPUS OM-2のプリズムモルト腐食のメンテナンス。

d0068664_21425520.jpg
OM-1,OM-2は30年以上前のカメラ。
このカメラの欠点として、ペンタプリズム部のモルト腐食によるファイダー汚れがある。
このOM-2では軽微ではあるが、ファインダー視界下部に汚れが見える。
撮影、露出にはにはまったく影響が無いがみっともないので、解説本も入手したことで、この際メンテナンスしてみることにした。
d0068664_21582179.jpg
裏蓋を外す。
巻き戻しクランクを半分ほど引き上げて、内側の軸にドライバー等を突っ込み、クランクを通常の巻き戻し方向と逆に回して、クランクを外す。
d0068664_224271.jpg
次に巻き上げレバーを外す。
カニ目だからといって、いきなりカニ目はずしをしてはいけない。
表面は化粧版がはまっているので、傷が付かないように外すとその下にホントのカニ目があるのでそれを外す。
d0068664_22142681.jpg
レバーは簡単に外れる。
d0068664_2216741.jpg
その下はまたかに目がある。カニ目ドライバーが無いとどうしようもない。
d0068664_22192538.jpg
部品はこんな感じ。
d0068664_2222269.jpg
クランク下のねじを外す。ペンタ部のシューカニ目を外せば、軍幹部カバーが外れる。
d0068664_22272564.jpg
※左前のバネに注意
d0068664_22322699.jpg
中を見るとペンタ部のアイピース付近と上カバー裏にデロデロになったモルトが張り付いていた。
d0068664_22372022.jpg
外したペンタプリズム。OMのペンタは底部が凸レンズになっているのが特徴。
d0068664_22383692.jpg
ちなみに、6X7のペンタプリズムと比較してみた。
かなりサイズが違うな。
d0068664_22441144.jpg
ファインダー内部。
アイピース両側にCdsがあるが(写真では見難い)が、これはメーター表示のみに使われ、実際の露光はフランジバックボックス内のフィルム面に向けられている受光素子で行われる贅沢な作り。
d0068664_2248446.jpg
分解と逆の手順で組上げ。

結局、汚れは軽微だったため、クリーニングの効果はあまり無かった。
それよりも組上げた後、針が動作しなくなり、再度組み直しをしたりして手間取ったり。
次回はもっと手際よくやれそう。
by tin_box | 2005-11-06 22:50 | カメラ・メンテまたはぶっ壊し | Comments(6)
Commented by ondtp at 2005-11-08 19:46
リストアーを趣味にしている人たちがいますが、そのお仲間入りですか?
実際やってみるとけっこう楽しそうなので深入りすると危なさそうですね。
Commented by tin_box at 2005-11-08 21:53
いえいえ、たまたまです。いつもはモルト張替えくらいです。
中を開けるのは、十分な資料とちゃんとした道具が無ければやりません。
元々、ジャンク品はあまり買いませんから。

MEDALIST-IIのシャッターが粘ってきたので、それも要修理なのですが。
Commented by しずぱぱ at 2016-03-13 23:35 x
初めまして。
私も同様にプリズムの応急手当をした後に、針が動かなくなってしまいました…
ここには載っていませんが、原因は何だったのでしょうか?
もし、教えていただけたら、修理の参考にしたいのですが。
よろしくお願いいたします。
Commented by tin_box at 2016-03-14 22:38
しずぱぱさん、いらっしゃい。
すみません、何せ昔のことで、わたし覚えがありませんです。
お役に立てず申し訳ないです。
Commented by しずぱぱ at 2016-03-15 14:47 x
残念(>_<)
でも、仕方ないです。ずいぶん前のことですものね。
トップカバーを開けたときか、閉じたときにどこか断線したのでしょうねぇ。
Commented by tin_box at 2016-03-15 22:13
しずぱぱさん、もしかしてスプリングじゃなかったかなぁ。
いずれにしても、上ブタとの接点になる箇所があると思います。
・・・・
って思い出しましたが、確か分解の手順を解説したムック本があったと思います。
探してみますね。
良かったら、来週にでももう一度見に来てください。
<< 鎌倉~逆光葉っぱ。 走れ!江ノ電。 >>