ジョルジョ・デ・キリコ展   凝視の時間

d0068664_22103616.jpg

浜松市美術館で開催中のキリコ展を観た。
昔から大好きな画家。
今まで数点は観た事があったが、まとめてみたのは初めて。

やはり実物はすごい。
じっと見入ってしまう。
一通り一点ずつ観て、もう一度戻って観て凝視した。
まるで光を発しているようなハイライト
得体の知れない建物の影
不気味な地平線
何度も登場するマネキン、仮面・・・

d0068664_22103032.jpg

数点、シルバーに仕上げられたブロンズ像があった
「後悔するミノタウロス」「不安を与えるミューズたち」「慰める人」が気に入った。
レプリカがあるなら欲しい。

ところで、荒木飛呂彦氏は、キリコから相当影響を受けていると思う。
画面のイメージや、画風にも面影がだぶって見えてきた。



キリコを見て思い出した。
学生の頃、仲間が同人誌を作っていて、数点イラストを提供したことがあった。
天袋を探してみたら、あったよw。
d0068664_22104451.jpg

d0068664_22104839.jpg

拙くて恥ずかしい限りだが、イメージ的にまねっこしてたのは否定しがたくw。
他にもまだスケッチがあったと思うが、あだ見つからない。
また見つかったら、お見せするかもしれないし、しないかもしれないw。
by tin_box | 2014-08-31 22:36 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< くものかげ うらないじてんしゃや >>