パンチェッタ(塩豚)とエリンギ、春キャベツの炒めもの。

d0068664_2218396.jpg
先日仕込んだパンチェッタ(塩豚)を使ってみた。
あれは、いくら冷蔵庫内でも、じきにカビが生えてしまうんじゃないと心配だったが、そうはならず。
程よく乾燥してた。

今回、炒めものにしてみようと。
用意したのは、
(一人前)
パンチェッタ   70g    付着した塩を軽くはらい短冊切り
エリンギ      1パック  薄くスライス
春キャベツ    1枚    短冊切り
いんげん     3、4本  1cm程度に切る
にんにく     1片    みじん切り
唐辛子      1/2
オリーブ油    適量   塩豚からも油が出るので少量でOK

フライパンにオリーブ油を少量、唐辛子、にんにくを入れ弱火にかける。
軽く色づいたら取り出しておく(後で入れる)

フライパンでパンチェッタを焦げ目が出るくらいに炒める。
エリンギ、パンチェッタ、キャベツ、いんげん、先ほどのにんにくと唐辛子をオイルも入れ更に炒める。
胡椒をふる。
味見して、塩味が足らないようなら塩を足す。

で、食した。 ん、いい!
豚の油がいい感じで(パンチェッタの旨みは脂身が多いほうが良いらしい)、身のカリカリ感もいい。
美味しいです。

このパンチェッタ風塩豚の作り方では、以前に作ったパンチェッタよりは塩味が強くないので使い易い。
ベーコンだと燻製の香りが強く出てしまうが、塩豚だとそれがなく本来の味わいがいい。
by tin_box | 2012-04-28 22:57 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< テルマエ・ロマエ 観た。 プッタネスカ。 >>