結局はホームベーカリーにした。

d0068664_22444114.jpg
なんかやり始めると凝り性な自分。
このブログ観てる人はうすうす思ってることでしょうけど。
パスタの世界はちょっと覗いてみただけだけど、とんでもなく奥深い ・・・ んですよ。びっくりするくらいに。
で、パンとかも手作りとか始めてしまうと、こりゃとんでもない。終止がつかないなと。

というか自分的には、最近全体的に、多方面で自家製志向が強まってきている。
そういったことなので、合理的にできることはそうしようと。
パンはとりあえずは置いておこうかなと思ってた。

そんなわけで。
なんだかよくわからないが。

先日来、ホームベーカリーってどうなん?ってちょっとだけ思ってた。
「でもお高いんでしょ~」的な先入観があり(一流メーカー品は数万円)、半分は買う気もなかった。
でもAmazonや地元のホームセンターのチラシ見てたら、意外にも数千円台で、メジャーではないが製品があった。
Amazonのレビューでもやらせではないユーザーの評価を獲得している様子。
じゃあ、ダメもとでもいいかなと思い購入してみたわけです。

で、使ってみると、これがまた材料入れてスイッチ、ピッで便利で簡単なのに、出来上がりに感動してしまうわけですよ。パン屋さんのあの香りが自宅で体験できるんです。
出来立てを食べれるんです。
世の奥様方が欲しがるわけだと。

ホームベーカリーって、もう既にその世界が確立してるんですね。
それ様のパンレシピ本も多数出てるし、スーパーに行けば1斤用の材料も各種陳列されてる。
そりゃびっくりしましたよ。


思い出してみれば、母も欲しがってました。
ホームベーカリーを買うまでには至らなかったですが、焼きたてのパンにはこだわりがあったようです。
昔住んでた近所には「フラワーベーカリー」ってパン屋さんがあって、そこの食パンは耳が濃い茶色で硬かったけど中身は物凄くもっちりふわふわで私も大好きでした。(ああいうパンにはそれから出会ってません)
出来立てを買ってくると、普通の庖丁じゃ切れなくて母は苦労してました。
コンロで庖丁を暖めてから切ってたのを思い出します。


先日、食器棚の奥を探ってみたら、パン切ナイフ(長くてギザギザになってる)出てきました。
それを見つけた時、すべて理解しました。
でもちょっと遅かったな。ごめんね。


今は、母のこと思いつつ使ってます。
by tin_box | 2012-04-20 23:32 | ブリキ的生活 | Comments(4)
Commented by motoharublues at 2012-04-23 00:49
こいつはマジで美味しそうですね♪
素晴らしい♪
Commented by jmiin at 2012-04-23 05:18
パンも奥が深い闇ですよ!
ホームベーカリーは、そう言う闇をスイッチひとつで行えるのですから、
恐ろしい最終兵器なんじゃないかと思っている位です^^;
Commented by tin_box at 2012-04-23 20:56
元春さん、おいしかったです。
Commented by tin_box at 2012-04-23 20:58
jmiinさん、最終兵器ねw。
確かに食パン買いに行かなくてよくなりましたからね。
ホームベーカリーの世界は既に確立してますね。
<< デュラム小麦セモリナ挽きのスパ... トタンとレンガ。 >>