ブリューゲルの動く絵

d0068664_20455884.jpg

この作品は普通の映画とはまったく異なる。
観る前にブリューゲルの絵を穴の開くほどじっくり観ておくことをお勧めする。

ブリューゲルの絵ははっきりした中心というものが無く、隅々まで人々が描かれていて、どこから見てもおもしろい。
きっとブリューゲルは村の隅々まで見て聞いて廻り、それらすべてを語りたかったのだろう。

・・・・

この作品は半分ブリューゲルの絵であり、もう半分は映画の作者の空想物だ。
ブリューゲルを前にして、ずずーっとその世界、その時代に自分が入り込んでしまうような。
ま、後は観てのお楽しみ。
by tin_box | 2012-04-01 21:45 | ブリキ的生活 | Comments(0)
<< 浅間神社 廿日会祭 その1 いっしょ。 >>