映画「はやぶさ」を観た

d0068664_228835.jpg

始めのタイトルが出た時点で、もうウルッときてw。
全編通して泣けたぁw。内容わかってても泣けた。

竹内結子が色気ゼロの研究員やってておかしかったぁ。あそこまでやっていいだろうか?女優としてこの先w。
それは兎も角。

はやぶさ自体のCG映像も凄かった。臨場感あった。
擬人化するのもわかる、理解できる。
私たちの手足、目になって旅してくれたんだもの。
※イトカワはラッコじゃなくてウ○チだよなーw


最後のはやぶさが大気圏で燃え尽きるシーンはホントに泣けた。
でもね、はやぶさは燃えて無くなっちゃったんじゃなくて、燃え尽きることで地球と一体化したんだ。
機械、電子部品から地球自体に戻ったんだ。お帰りはやぶさ!
そう思えば、なんだか逆に嬉しくなるよな。



自分が子供の頃の日本のロケットはしょっちゅう失敗(糸川博士によると成果)ばっかしで。
固形燃料ロケットの技術は凄いと聞いてたけど米国みたいになんで液体燃料使わないかと疑問だった。
アポロが月に行った頃も日本のロケットは小さくて有人なんてまだまだだった。
それがいつの間にか独自の境地を切り開いていた。
日本というより、日本人って凄いよね。

・・・

話は違うが。
頭脳明晰な集団が、(少々お宅ッ気があるが)目的に向かってまい進すれば、これほどの成果をあげることが可能だと。
自分は、そういった人はいい大学出て、きっと幸せな苦労の無いお金持ち安楽な人生なんだろうなとか、思ってたけれど、実際はそうじゃないんだなと。頭がよければ、やっぱりそれなりの社会的な使命があると。

政治家、自己保身ばかり考えてる官僚ども。恥ずかしくないのか。
君らには責任があるのだ。



今の子供たちが、このはやぶさやイカロス、予定されてるはやぶさ2のことをもっと知って、引き継いでくれることを切に願ってやみません。
by tin_box | 2011-10-15 23:25 | ブリキ的生活 | Comments(3)
Commented by jmiin at 2011-10-17 05:23
ううん
この映画見ましたか、で、泣けましたか....^^;
泣いてみたいので、見てみましょうか。
Commented by tin_box at 2011-10-18 23:07
jmiinさん、まあ思い入れ次第ですが。
興味なければ何の感慨も無いでしょうし。
Commented by jmiin at 2011-10-19 05:17
いえ。
最後に燃えて「散る」 と言うのはいかにも日本人好み、と思ってました
から、僕も泣けると思います。
<< ちうい。 商家の意匠。 >>