今日のこと。

まだ勤務先にはお休みをいただいています。

連日の猛暑のなか、自宅で静かに書類の整理の日々です。
ほとんど仕事みたいな感じ。

今日午後は市役所に出向き、住民票、戸籍謄本などをもらってきました。
部数が多かったので、手数料だけで5000円近くいったことに驚き。
明日からは郵送されてくる書類も増えてくるので、処理も進むかと。

それに今日、ヘルパーさんたちが来てくれ、お線香をあげてくれました。
毎日のヘルパー日誌を見るだけで、私が直接は会ったことのなかったヘルパーさんたち。
名前を聞いて、あぁーと。ヘルパーさんの話と、母が話していたことを結び付けつつ。
感謝するばかりでした。

早く社会復帰しなければと思う一方で、母の思い出とすごす日々が愛おしいような思いが複雑です。

でもしかし。

これからは、もう少し、外に向かって生きていけそうな気がしてます。
いや、具体的にそれは何だとは、まだわからないのですが。
by tin_box | 2010-07-22 23:01 | ブリキ的生活 | Comments(4)
Commented by jmiin at 2010-07-23 05:30
なんとも言いようがありませんが、でも、人間は必ず死んでしまうので、
もう仕方ないのだと思います。正に「定め」なんだと。

身近な人の死。と言うのは辛いですが、人を立ち止まらせてくれる、良い
機会なんだと思います。

とにかくありきたりですが、お気落としの無い様に。
Commented by tin_box at 2010-07-23 22:05
jmiinさん、ありがとうございます。
立ち止まりました見事に。

来週は社会復帰しないといけませんです。
Commented by sakura-blend at 2010-07-25 01:11
母の時のこと思い出しました。
ふしぎにありありと残るシーンがいくつもあります。
きっとずっと忘れないのだろうと思います。
Commented by tin_box at 2010-07-25 21:39
SOUPさん、そうですね。

いないということが信じられません。
<< 冬瓜とシーチキンの煮物。 葬儀の日から。 >>